モグライダー単独ライブ「大往生Part2」

f:id:mgjplaugh:20170627013503j:image

 

見てきました。

 

発表されたときはまだまだ先だと思っていたけど、あっというまに当日になり…

最近すこしライブを減らしていた私は、緊張と興奮で心臓がバクバクでした。

なんかよくわからないけど「これを見たらどうにかなりそう、帰りたい」「もったいなくて見られない」とか考えてました。笑

 

何らかの形で単独の様子がまた世に出されるかもしれないし、野暮なことはしたくないので、

ここからはあくまで感想と愛の吐露です。あしからず。

 

 

モグの特徴として、ネタ合わせをしないってのがありますよね。

世界で一番練習しないコンビだと芝さんも言っていたし、アドリブ満載だからこそのあの楽しさが好きです。

 

そしていつだか、松竹Abemaに呼ばれたときかな、ともしげさんが

 

「ネタ合わせって楽しいじゃないですか?

僕らはそれを毎回舞台でやってるようなもんなんです。

だから楽しい!」

 

というようなことを言ってらして、素敵だなあと思ったのを覚えています。

 

で、単独2日前に更新されたともしげさんのブログの冒頭で

 

f:id:mgjplaugh:20170627021414j:image

 

こんな文章があって、涙腺崩壊しました。笑

 

なんだろう、きっと単独ライブってすごく大変だし、きついこともあるんだろうけど、

たぶん2人は

 

ネタ合わせ楽しい!

なにやるかわくわく!

 

って感じで、いつもはしない「準備」を楽しんでたんじゃないかなあと、

このブログを見て思って。

 

なんだかすごく尊いものを見せられているような気がしました。

 

単独は、

始まったら一回も暗転なく、最初に芝さんが「トークライブみたいなもん」と言っていたとおり、2人がただただ話し、騒ぎ、はしゃいでいるのを見られる幸せな時間で。

 

でもその1つ1つに、

ともしげさんのあの感じはずるいよなあとか

芝さんのワードセンスはすごいなあとか

2人の息、合い過ぎ!とか

感じることはたくさんありました。

 

「今」を全力で堪能させてくれる漫才だからこそ、二度とない瞬間を楽しませてくれる2人だからこそ、

 

その「今」をつくりあげるために掛けられた時間とか、話したこととか、感じたこととか

そういう2人の大事なものすべてが

あの2時間に詰まっていたんだと思います。

 

 

蓋を開けてみればいつも通りの2人で、目の前の客席を全力で楽しませてくれて、

単独だからと難しいことをやるんじゃなく、

いつもの楽しさを何倍にもして笑わせてくれて。

 

「今俺たちはここにいるぞ!」

「これからもこうやって楽しませるぞ!」

 

って、おっきな声で言われてるような気がしました。

 

 

 

 

単独直後の私のツイート。

こういうことを、感じました。

 

 

 

モグライダーはいつも「今」を見せてくれるけど、それが過去になったとしてもあったかい思い出になるし、

「今」の先にある未来をいつも感じさせてくれるし、

とにかく、幸せにしてくれる。

 

 

そのやり方は分かりやすくシンプルで、荒々しさすらあるんだけど、受け取った幸せは優しくてあたたかくて、まるい。

 

 

 

昨日の2時間でもらった幸せを大事にしながら、どんどん更新されていくモグライダーの「今」を追いかけ続けようと心に決めました。

 

はあ。大好きだな。

モグライダー、やっぱり最高にかっこいい。

 


 

 

東部100回が楽しみすぎる。

 

 

東部第33部隊100回記念ライブは、東京湾でクルージングしながらやるそうです。

度肝を抜かれてしまって、まだずっとドキドキしている。

 

かなりの期待をしていたけど、かるーく飛び越えられて、なんかもうむかついてしまうくらいかっこいいなと思った。

クルージングしながらライブて。なんだよ。規模でかすぎるよ、かっこよすぎるよ。

 

東部はほんとにいつもいつも楽しくて、「絶対たのしい」って確信して行くんだけどいつも予想よりはるかに楽しくて、

 

「絶対にたのしい」と思える2時間を毎月必ず過ごせる幸せをいつも噛み締めています。

 

 

なにが起こるか分からないけど、楽しいことだけは分かりきってるだなんて

安心と刺激のバランスがいかつい。

 

 

100回までに、今までツイートしてきたレポをまとめてみようと思ってるんだけど

そんなん野暮ですかね。

ただただ、東部への愛を叫びたいだけです。

いつも書き殴ってるからまとめられたらまとめよう。

 

 

とりあえず、居ても立っても居られなくて会社からの帰り道にこれを書いてます。

 

東部だいすきサイコウかっこいい。

はあ、楽しみ!!!

 

f:id:mgjplaugh:20170407213412j:image

f:id:mgjplaugh:20170407213419j:image

いい人ばっかりだと信じていたいよね。

私はごくごく普通のイマドキの日本人なのでとくに信仰はないのですけど、性善説性悪説かで言ったら性善説を信じています。

みんな良い人だと思いたいし、自分もそうありたいなあと常々思ってる。

 

だから、お笑いは好きだけどいわゆる「disり」みたいなネタやトークは見ていて悲しくなったりしてしまうし(愛があるやつは大好きですよ。ただ貶すだけのが嫌)、素直に笑えないんですよね。

 

なんのときだったか忘れたけど、若手の方が「悪口言ってりゃ面白いだろ」なノリをされてて寂しくなったんだよなあ、最近。

なんだったっけ。

 

 

でもこんなこと言いつつ、誰かに対して嫌だなあと思うことはあるし、悪口言っちゃいそうなときもあって、

最近会社でゴタゴタがあったのでちょっと心が荒んだりしていたんですけど

 

仕事で関わる人に疑ぐりを持ってしまうようになりかけて

あーこれはよくないな、そんなに悪い人いないはずだよね、と思い返したときに

モグさんのこのやり取りを思い出しまして。

 

 

 

 

ハッとしました。

そうだよ、そうなんだよなー、と。

 

荒んでたのが晴れてすっきりした。

 

 

 

面白いとか楽しいとかはもちろんだけど、私はこういうモグさんの真っ直ぐできらきらとした潔さと優しさに救われているんだなあ。

いつもいつも、掬い上げてもらっている。

 

 

いい人ばっかりだと信じていたいし、自分もそうありたいなあ。

 

今日もモグさんが大好きです。

 

 

 

 

全力で好きでいられるのは奇跡だと思う。

ツイッターの文字数じゃ足りない時、ブログ書きたいなあと思いつつも、まとめるのが苦手なんで160字を連投するほうが気楽だからとそうしていたんですけど。

たまにはつらつら書いてみるのもいいかもなあと、なんとなく書いています。

 

私、昔から好きなものはとことん好きなオタク気質で。

シールとかぬいぐるみとか小説とか、収集癖もあったし、とにかく好きなものは好き!という分かりやすい子だったんですよね。

 

その流れで、小5からハタチまで、とあるグループを追っかけていました。某アイドル事務所の。

九州の田舎に住んでいたのでコンサートにはそんなに行けなかったけど、見られる番組は全てチェックし、雑誌も全て揃え、CDやDVDも全パターン揃えるといった感じでとにかく没頭していまして。

気持ち悪いですが本気で彼らを崇拝していたし、ファンになるために生まれてきたんだとすら思うくらいに笑、すごくすごく大好きでした。

 

この話をするとだいたい「誰が好きだったの?」と訊かれるんですけど、それはもちろん誰が好きかはあるけど、私にとってはそこまで重要ではなく。

グループとしての形が好きで、メンバーという形が好きでした。このメンバーだからこそ応援し続けたいと思っていました。ありますよね、そういうの。

 

でも、私が大好きだったその形は、崩れてしまって。

メンバーの脱退で、応援してきたグループが形を変えてしまいました。

さみしかったな。絶望しましたね。わかりやすく。

 

私が一番好きだった人は脱退せず残っていたけれど、変わってしまったグループを応援する気にはどうしてもなれなくて、

大好きなのに応援できない自分が嫌になってしまって、ファンをやめました。

 

そのときにはっきりと、「自分の好きなかたち」がなくなることに耐えられない性質なんだと分かりました。

 

アイドルにしろアーティストにしろ芸人さんにしろ、「人」とくに「グループ」を好きになれば、脱退やら卒業やら解散やらで「かたちが変わること」はけっこうな割合であると思います。悲しいけど仕方ないことだよなあ。悲しいけど。

 

その一件からアイドルのファンをやめ、まあ結局はオタクなので今度はお笑いライブに通うようになったんですが、私が通いだしてからの5年ぽっちでもたくさんの解散を見ました。

ユニットもなくなり、ライブもなくなり、「かたち」が変わることはたくさんで。

 

変わっても好きでいられる自信がないので、特定の人だけを追っかけるのではなくて数組を見るようにしたり、ふらふらといろんなライブに行ったりしながら楽しんでました。

お笑いライブはたくさんあるし、それも楽しいからいいよね。

 

 

だけど今、とにかくモグライダーが好きです。

モグがいないライブに行くこともたまにはあるけど、基本的にモグばっかり見てます。

漫才はもちろんのこと、トークも、立ち居振る舞いも、二人の関係性も、すべて好きです。

(ついにはこの間ご本人から「盲目すぎる」とまで言われてしまいましたが、自覚はしています。笑)

 

 

ちょっと前までは、こんなにがっつり1組に夢中になるのがこわくて、どこかでブレーキをかけたりしていたんですけどね、

気づいたらこうなっていました。

 

それはたぶん、二人がいろんな面で見せてくれたものから、「大丈夫だ」と思わせてくれたからだと思っています。

ただのファンの受け取り方の問題かもしれないけど笑、私はそう感じています。

 

先のことを不安がったり、自分が知る前の過去をどうしても把握したくなったりするオタク気質の悪い癖が、モグには出ないのが不思議で。

ただただその一瞬一瞬が楽しくて、びっくりするくらいに天井がなくて、

アホの子みたく「大好き!」しか出てこないので楽しくて仕方ないです。

 

 

 

今日、例のアイドルグループのデビュー記念日なんですよね。

毎年毎年懐古厨発揮しては勝手に泣いて、ファンになるなんてくそくらえくらいに思ったりしてたんですけど、

なんかもうそんなこともなくなりました。やっとすっきりしたのかな。

モグさんのおかげだな。

 

 

今からライブ見てきます。咄人!たのしみ。

たぶん今日も夢中になるとおもいます。

 

全力で好きでいられるのって幸せですね。